バニラエッセンスとバニラオイルの違い

Posted by 髙木駿 on

お菓子を作る際、市販のバニラフレーバーを使う方が多いと思いますが、
「バニラエッセンス」「バニラオイル」
違いを意識して購入していますか。
知ればお菓子作りのスキルが少しアップするかもしれません。

バニラの種類
スーパーで見かける種類は「バニラエッセンス」「バニラオイル」
また「バニラエクストラクト」もあるかもしれません。
違いについてご紹介します。

バニラエッセンス
バニラの香気成分をアルコールで抽出したものです。
天然のバニラから抽出された成分から作るものや、人工の香料から作るものなどがあります。

*バニラエッセンスの特徴
水分の多い生地になじみやすいですが、高温でアルコールが揮発してしまうので、
焼き菓子に使用すると香りが残りにくくなります。
冷菓で楽しめるムースやアイスが適しているようです。

バニラオイル
バニラの香気成分をオイルで抽出したものです。
こちらも天然の香気成分と人工的な香料を用いたものがあります。

*バニラオイルの特徴
油性の香料なので油脂の多い生地になじみやすく、耐熱性が高いため焼き菓子に適しています。
クッキーやマフィンなどに使用してはいかがでしょうか。

こだわりたい方はバニラエクストラクト
こちらは天然のバニラをアルコールに漬けて抽出したものです。
通常のバニラエッセンスよりも高価ですが、本物のバニラから抽出しているため
より天然の味を楽しみたい方は使ってみると良いかもしれません。

バニラペーストもおすすめ
さや状になっているバニラ果実の中にビーンズが入っており、
ビーンズをペースト状にしたものです。
カスタードクリームなどで黒い粒を演出したい場合はおすすめです。


奥深いバニラの世界
フレーバーでもいくつか種類があり、使い分けをすることで
より美味しくお菓子ができます。
天然のバニラを使用したフレーバーがスーパーなどで売っていない場合は
通販などを上手に活用して手に入れてみてください。

← Older Post Newer Post →