プリンとは?基本的な作り方をご紹介

Posted by 髙木駿 on

プリンはプディング訛った言葉

プディングpudding)は材料を練り固め、蒸したり焼いたりした料理で、16世紀のイギリスで誕生したものと言われています。

航海中に食料を無駄にしないよう、溶いた卵に肉や野菜の余りなどを入れて、一緒に蒸して固めて作ったのが「プディング(プリン)」です。

プリンの基本的な作り方

おうちでも簡単にできる基本的なプリンの調理法です

材料は3人分を目安にしています。

プリン卵(2個)、牛乳(250cc)砂糖(50g)
カラメル砂糖(50g)、水(大さじ2)

●カラメル
鍋に砂糖と水を入れ火にかける。濃いきつね色になったら油を塗ったカップに流す

●プリン
1、ボールに卵を入れ混ぜる

2、鍋に牛乳と砂糖を入れ火にかけ、沸々してきたら火を止めた後、卵が入っているボールに入れる

3、よく混ぜザルでこし、カップに流し入れる。

4、鍋にお湯を沸かしカップを並べ入れ、蓋をして弱火で8分

5、火を止め8分経ったららカップを取り出す。粗熱を取った後に冷蔵庫で冷やす
プリンを美味しく作るコツ

通常通り作っても美味しいですが、ひと手間を加えるだけで一段と美味しいプリンが出来上がります。

●卵黄を使う

通常よりも濃厚な味になります。また、材料に生クリームを加えることでさらにコク深い味わいになります。

●卵を混ぜるときは、空気を抱き込みすぎない

気泡をつくらずに卵を混ぜることで、なめらかな食感に仕上がります。

●卵を漉す

溶きほぐした卵を3~4回ほど漉ことで、キメ細かくなめらかな食感に仕上がります。

●湯煎温度は、50〜60℃

高温で一気にプリンを焼くと、生地中の水分が沸騰し細かい穴が開いてしまうので、注意が必要です。

●カラメル作りは砂糖を一気に加えない
火が十分に通る部分と、通らない部分のムラができ、苦みの強いソースになってしまいます。
3~4回くらいに分けて少しずつ追加しましょう。

最後に

プリンは少ない材料で作れるため、挑戦しやすいスイーツです。

ぜひおやつレシピのひとつとして、作ってみてはいかがでしょうか。

 

← Older Post Newer Post →