【天然バニラが銀より高いスパイスといわれるようになった訳とは?】マダガスカル産天然バニラ農家の悲劇

Posted by AdminBonBonVoyage on

【天然バニラの価格が高騰した理由】
自然災害による生産量の減少天然バニラは栽培が難しく異常気象による気候の変動や病気の流行で収穫が落ちたところに、2017年3月にマダガスカルをサイクロンが襲いバニラを栽培する多くの農園が被害を受け、さらに生産量が低下し価格が高騰しました。
【マダガスカル天然バニラ】
天然バニラは現在はマダガスカルを中心に熱帯各地で栽培されている。 2018年の全世界生産量約7500トンのうち、マダガスカル、インドネシアの2カ国で7割を占める。
その中でもマダガスカルバニラは品質がいいとされており、栽培が難しいとされる天然バニラを安定的に出荷できるとされてきました。
ただ、2017年、2018年と連続して発生したサイクロンのせいでマダガスカルでの生産量は減少し、世界的に天然バニラの需要が加速したことにより天然バニラの卸価格が高騰したといわれています。
【天然バニラの需要が加速】
中国をはじめに、世界的なオーガニックブームが発生し、天然の製品の需要が加速し、バニラも例外ではありませんでした。
天然バニラの他にも合成バニラといってバニラに似た香料を合わせて作るものもありますが、化学薬品などが入っていることがあり、健康を気にする方はやはり天然のバニラを好む傾向にあると考えられます。
世界的に使われているバニラのほとんどがこの合成バニラです。
【銀より高いスパイス】
天然バニラは世界でもサフランに次ぐ2番目に高価なスパイスとして知られており、今では銀より高いともいわれています。
天然のバニラは生産が非常に難しく、また、マダガスカル産のバニラの出荷量が激減したため近年価格が高騰している商品です。
日本国内のパティシエやお菓子やでも天然バニラの高騰のあおりを受け、合成バニラなどの市販で使えるバニラの使用がほとんどになっています。こだわりたいお店でも天然バニラは使えないというのが現状です。
我々消費者も天然のバニラを食べれる機会は実はそれほど多くないのかもしれません。
【天然バニラと合成バニラの違い】
天然バニラとは文字通り天然で作られたバニラのことを指しますが、合成バニラとはバニリンというバニラのにおいの元の成分を工業的に生成したものを指します。
サフロールバニリン
サッサフラスの精油から得られるサフロールをナトリウムメトキシドで処理して二重結合を移動させると同時にアセタールを開環させ、オゾン酸化で二重結合を酸化開裂すると同時にアセタールを除去してプロトカテクアルデヒドとし、ジメチル硫酸でメチル化してバニリンとする。
オイゲノールバニリン
クローブバニリンとも呼ばれる。チョウジの精油から得られるオイゲノールをアルカリで二重結合を移動させてイソオイゲノールとし、これをオゾンなどで二重結合を酸化開裂させてバニリンとする。
リグニンバニリン
亜硫酸パルプの製造の際に出る廃液中のリグニンスルホン酸をアルカリ中で酸化分解してバニリンとする。リグノバニリンとも呼ばれる。
グアヤコールバニリン
現在主流の合成法である。グアイアコールをホルミル化して合成する。ホルミル化の方法はライマー・ティーマン反応を用いる方法やグリオキシル酸を付加させた後、これを酸化分解する方法などが知られている。
化学的合成のほかに、合成生物学を利用して細菌や藻類のDNA配列を人為的に操作することで、バニリンを生成する細菌や藻類を生み出そうという試みも行われています(シンバイオ・バニリン)。
【インドネシア産天然バニラの品質が悪いは時代遅れ?】
天然バニラは主にマダガスカルかインドネシアのような熱帯地方で栽培されており、栽培が難しく生産量や品質が安定しないといわれています。ただ主要生産国であるマダガスカルの天然バニラは評価が高く、品質が高いと言われ使用する方の割合が多いとされています。
そのため、インドネシアのバニラは品質が悪いと思われがちですがインドネシア全体でみれば実際はそんなことはありません。
生産者単位でみると確かに安定しない農家さんもいらっしゃるかと思いますが、あくまで個人単位の話になるのでコミュニケーションをしっかりとって知れることが大切です。

← Older Post Newer Post →