レアチーズ、ベイクド、バスク風…チーズケーキの種類

Posted by 髙木駿 on

「チーズケーキ」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?
白いもの、焼きチーズケーキ、様々な想像ができると思います。
材料や調理方法で名前が違うので、おさらいしておきましょう。

●ベイクドチーズケーキ

「ベイクド」は英語で「焼く」という意味です。
一般的なチーズケーキです。

チーズに卵・砂糖・粉類を擦り混ぜ、焼き上げます。
濃厚な味わいが特徴です。

●ニューヨークチーズケーキ

ベイクドチーズケーキと似ており、境界線が難しいですが、湯せん焼きするのが特徴です。

ニューヨークチーズケーキの方が、やわらかくクリーミーな味わいです。

●スフレチーズケーキ

「スフレ」はフランス語で「吹く」という意味があるそうですが、
日本発祥のチーズケーキといわれています。

ふわふわした食感で、口に入れたらとろけるようなさっぱりとした味わいです。

生地に卵白を泡立てたメレンゲを混ぜこみ、湯せんで蒸し焼きにします。


●レアチーズケーキ

オーブンを使わず、冷やし固めるのが特徴のチーズケーキ。

ゼラチンで固めるタイプや、片栗粉やコンデンスミルクで固める方法があります。
チーズの程よい酸味と、クリーミー感が味わえます。

●バスクチーズケーキ
最近よく耳にすることが多いと思いますが、ベイクドチーズケーキと似ています。

一般的なベイクドチーズケーキに比べ、クリームチーズを1.5倍~2倍の量を使用し、高温・短時間で焼き上げます。
表面は焦げた独特のほろ苦さを味わうことができ、
中身はレアチーズケーキのようなさっぱり感を楽しむことができます。

チーズケーキは進化する
基本のチーズケーキを紹介しましたが、土台がタルトになっている
チーズケーキタルトや、異なる種類のチーズケーキを2層にした"ドゥーブルフロマージュ"もあり
今後も新しいチーズケーキが生まれることでしょう。

← Older Post